ストレス社会だからこそ鍼灸

Posted by はり灸あんど at 20:00 2015年08月04日

今回は、こういう時代だから鍼灸が良いですよ。という話です。

人間の体には、交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスで成り立っています。

交感神経がいっぱい働いている時というのは、心拍数を上げたり、集中したり、緊張状態にしたいときに働きます。

副交感神経はそれとは逆に、リラックス状態を作っていきます。



これらのバランスが、シーソーにようにどちらかに傾くことにより、いろいろな症状が出てきます。

交感神経が強く働き、血管を収縮し、血液に流れが悪くなり、肩こりになる、など良い例です。

現代社会では心理的ストレスをはじめ、さまざまなストレス、またリラックスできにくい環境で、シーソーが大きく傾いているのかもしれません。


皆さん、鍼灸と聞いてどう思われますか?

なんかよく分からない。取っつきにくい、などなど。

鍼灸=気というイメージで、目に見えないものを扱うので、わかりにくいというのもあるかもしれません。

しかし元気とか、やる気とか根気とか『気』のつくもの、そういったパワーが補えるんだよ、となれば、少しは取っつきやすくなりませんか?

そうです。
鍼灸は、こういったものこそ得意分野なのです。

今回はここまで。


タグ :ストレス

同じカテゴリー(治療)の記事画像
治療衣
鍼灸的、8つのタイプ
続:鍼灸についてのお話
鍼灸についてのお話
漢方茶
湿気の多い季節
同じカテゴリー(治療)の記事
 治療衣 (2015-08-02 20:00)
 鍼灸的、8つのタイプ (2015-04-20 21:00)
 鍼灸的、人を見分ける (2015-04-10 18:10)
 続:鍼灸についてのお話 (2015-03-23 17:55)
 鍼灸についてのお話 (2015-03-17 19:26)
 漢方茶 (2014-09-22 18:10)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
ストレス社会だからこそ鍼灸
    コメント(0)