脱水症予防

Posted by はり灸あんど at 21:00 2015年08月03日

今日も暑い1日になりました。
こう暑い日が続くと、体調管理が難しいですね。

週末、子供の野球大会があり、やはり何人か気分が悪くなり子もいたようです。
こう暑いと無理もありません。

今回は鍼灸を通してというより、子供を持つ親として書くので、浅い内容です。

まず、なぜ汗を掻くかと言うと、熱を放散させるためです。
だから、熱が放散しやすい服装、場所というのが大前提となります。

そして、タイミング。
これは、のどが渇いたからでは遅いです。
運動前から、定期的に水分を補給しなくてはいけません。

ここでのミソは、定期的という事です。
案外、スポーツに夢中になっていたりすると、忘れがちになります。

どんなものが良いかというと、これは様々なメディアでも取り上げられていると思います。
一般的なスポーツ飲料のような、人間の体の中に近いナトリウム量(40~80㎎/100ml)が良いとされています。
糖質は、果糖+ブドウ糖。これは大体、飲み物のラベルをみれば、確認できると思います。

体の中に、ただ水が入ってきても、色々な養分が薄まるのを嫌がるため、汗として出てしまいます。
だから、これらの物と一緒に取らないと意味がありません。

もっと、良い方法はないか・・・。
実際現場では難しいかもしれませんが、スポーツ前とスポーツ後に体重を測ること。
スポーツ後の体重減少が2%以上だと、要注意です。

今からのスポーツは、そのくらいの管理は必要なのかもしれませんね。


タグ :脱水症

同じカテゴリー(スポーツ)の記事画像
お昼の合間に
同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 お昼の合間に (2016-06-14 19:28)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
脱水症予防
    コメント(0)