続:人生初

Posted by はり灸あんど at 17:10 2015年02月25日

前回の続きです。

■意を決して自分への治療

治療といっても、自分で自分の腰に鍼を刺すわけではありません。
体制的に難しいから、という事でもありません。

鍼灸というのは、腰の張りを遠くにあるツボ(この場合、手や足などにあるツボ)で緩めることが出来るからです。


足のつぼを選んで、鍼を刺したまましておくと、痛みも幾分おさまってきたので、少し動かしてみる。

「おっ、曲がる」

前屈み、反った動きともに、治療前より改善した。
しかし、もう1手ほしい。

そこで妻に治療の協力をお願いして、活法という技を試みてみる。
妻はもちろん、治療を受けたことはあっても、施術はしたことがない側。

あーじゃ、こーじゃ言っていると、みるみる不機嫌になり、最後は無言に・・・。


しかし、これが結構うまくいった。
痛みは多少残るものの、動くには問題ない程度に。
そして、そのまま一晩寝ると痛みも、ぐっと軽減。ほんと、妻には感謝。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
ランニング
治療院で困ること
スポーツ少年団認定員の資格取得を目指す
春の不調は『肝』から
旭ヶ丘運動公園の桜
人生初
同じカテゴリー(日記)の記事
 ランニング (2016-07-15 17:47)
 治療院で困ること (2015-08-06 19:40)
 スポーツ少年団認定員の資格取得を目指す (2015-05-14 20:00)
 You Tubeを覗いていると (2015-04-23 20:00)
 春の不調は『肝』から (2015-04-01 15:00)
 旭ヶ丘運動公園の桜 (2015-03-25 18:14)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
続:人生初
    コメント(0)