鍼っていたくないの?

Posted by はり灸あんど at 17:16 2013年11月22日

最近、こういった質問をよくされます。
確かに、そういったイメージがありますね。私も、初めて鍼治療を受けるときは、ドキドキしていた気がします。

結論から言えば、まったく痛くありません。
「あれ、鍼刺さっているの?」とびっくりされる方もいるほど。


やっぱり、注射針や縫い針のイメージが強いのでしょうか・・・。


痛みがないという根拠は、鍼の構造にあります。

注射針は、皮膚や血管の組織を破るために、斜めに鋭く切られているため、刺した時に痛みを強く感じます。

しかし、鍼治療用の鍼は、細くて、先が鉛筆の先のような形をしていて、スムーズに体に入っていく構造になっています。
ですので、さほど痛みはありません。

まして、太さなんて比べものにならないほど細いです。

当院では、鍼治療で使われる鍼には使用部位や、患者さんの好みによって、使用する鍼の太さが変えています。

鍼治療を初めて受けられる方に、いきなり太い鍼を痛みのあるところに刺すようなことはありません。


同じカテゴリー(治療)の記事画像
ストレス社会だからこそ鍼灸
治療衣
鍼灸的、8つのタイプ
続:鍼灸についてのお話
鍼灸についてのお話
漢方茶
同じカテゴリー(治療)の記事
 ストレス社会だからこそ鍼灸 (2015-08-04 20:00)
 治療衣 (2015-08-02 20:00)
 鍼灸的、8つのタイプ (2015-04-20 21:00)
 鍼灸的、人を見分ける (2015-04-10 18:10)
 続:鍼灸についてのお話 (2015-03-23 17:55)
 鍼灸についてのお話 (2015-03-17 19:26)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鍼っていたくないの?
    コメント(0)