スポンサーリンク

Posted by みやchan運営事務局 at


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

忘れずに

Posted by はり灸あんど at 16:29 2014年06月13日

いよいよ始まりましたね。
サッカーW杯!

早速、寝不足という人も、多いんじゃないでしょうか?
今日のブラジル‐クロアチア戦を見てると、日本戦が待ち切らなくなってきました。

しかし、こういう時でもスポーツ少年団はあるんですね。


息子の話です。


息子は、サッカーとは違い野球をやっているので、仕方ないと言えば、仕方ないのですが・・・。

日曜日は、録画を見るまでメディアに触れないようにしないといけません。
今の時代、それがどれほど難しいか・・・。

おっと、日曜日の父の日、ますます存在感をなくしています。

みなさん、忘れずに。


  


じわじわブーム?

Posted by はり灸あんど at 17:56 2014年06月12日

最近、僕の周りにもいます。


じわじわ来ていますね。『インターバル速歩』なるもの。

インターバル速歩とは、「さっさか歩き」と「ゆっくり歩き」を数分間ずつ交互に繰り返すウォーキング法です。

見ている方は、真剣な顔つきで急に歩くのが速くなるので、びっくりしますが・・・。

これは、筋肉に負荷をかける「さっさか歩き」と、負荷の少ない「ゆっくり歩き」を合わせることで、筋力・持久力を無理なく向上させることができるうえ、骨密度の増加や生活習慣病リスクの改善、ダイエットなどにも効果があります。

また1日トータル15分という手軽さも長く続けることが出来るポイントのようです。

僕も、高校の頃までは陸上競技をしていたので、『インターバル走』と聞くと少し拒否反応が出ますが、この『インターバル速歩』ならやってみようという気になります。

また、これには味噌があり、歩き終わった15分~1時間以内にミルクを200㏄~600㏄飲まないといけないというところです。
これもよく知られたところで、運動後すぐの方が、超回復に効果的です。

ただ、体重1キロ落とすのに7000キロカロリー必要と考えると、これだけでダイエットと考えると、難しいかもしれません。

あくまで、筋力をつけて日常の代謝を良くしようというものだと思うので・・・。
(日常も、今まで通り動いていれば、結果、体重も落ちますよ、という話だと思います。)

しかし、動ける体をつくるというのは、とても大切なことです。

痛みがあるから、動けないというのもありますが、動かないから痛むということもあります。

動くからだ作り、夏に向けて始めてみませんか?
  


今回は

Posted by はり灸あんど at 18:13 2014年06月04日

今回は、ドライバーを折りながらも米オープンを初優勝したあの選手です。





手抜き記事です。  


湿気の多い季節

Posted by はり灸あんど at 18:07 2014年06月02日

宮崎も梅雨入りしましたね。
最近は、週間天気予報の的中率も高いので、予想通りと言えば予想通りだったのではないでしょうか?

この時期、みなさまもおわかりのように湿度の高まる季節です。

東洋医学では、湿気が有り余っている状態のことを、「湿(しつ」と呼んでいます。

水分は適度にあるならよいけれど、多すぎれば邪(じゃ)となるという考えです。空気中の水、体内の水、どちらもです。雨の降る前に古傷が痛んだり、体調が崩れたり、というのには「湿」が関わっていることが多いのです。

この時期に毎年体調を崩されている方は、この湿邪のいたずらと思ってもいいかもしれません。

東洋医学から診ると、とくに消化能力が下がります。そして、胃や腸の働きも悪くなります。

その他にも、息苦しさ、腹部膨満感、頭重、集中力・活力がなくなる、足のむくみ、などがこの季節によくみられる症状です。

「湿邪」は、粘着性があり、長く留まる、という性質があり、主に身体の下の方に影響が出ます。

関節の痛みや、このような不定愁訴には鍼灸の得意としている分野です。

邪を溜め込まない養生をすることで、この時期だけでなく、次に来る熱い夏を健康に乗り越える体つくりにも役に立ちますよ。